2020年01月01日

彩の詩(さいのうた)のご紹介

その昔、江戸時代に栄えていた、舞踊や音楽を楽しんでみませんか。伝統文化は江戸の時代には庶民が楽しんでいたものです。世界に誇れる素晴らしい文化をぜひ日本の皆さんで伝えていきましょう。そのような想いで彩の詩は結成されました。

彩の詩は琴・日本舞踊・鼓の三名の伝統文化講師によるユニットです。講師のプロフィールは
こちらを、演奏サンプルはこちらを参照して下さい。

皆さん、日本のお稽古事は敷居が高い、または値段が高いなどと心配されていませんか。
そんなことはありません。他の習い事と金額はかわりません。英会話スクールやピアノのほうが値段が高いくらいです。
彩の詩は埼玉県さいたま市を中心として体験教室を開催しています。こちらの体験教室にお気軽にご参加下さい。

学校講演や演奏依頼などについてもお気軽にご相談下さい。


ご連絡・お問い合わせ等は sainouta@garei.sakura.ne.jp にて受け付けます。
【彩の詩についての最新記事】
posted by 彩の詩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 彩の詩について

2017年01月29日

平成28年度体験教室発表会のお知らせ!

来る平成29年3月12日(日)、
さいたま市文化センターしらさぎホールにて開催されます
「南区文化団体芸能発表会」に参加させて頂くこととなりました。
平成28年度体験教室の一年間の成果を大きな舞台の上で発表致します。
是非ともご来場下さいませ。
posted by 彩の詩 at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2013年11月04日

11月2日の体験教室を終えて

今回は日舞とお箏で合わせてみました。お箏が途中で止まってしまうことがあり、踊りずらかったかもしれません。着物ではなくても、体験はしっかり出来ました。3月の発表会の時には浴衣で踊れたら、より一層楽しいでしょうね。彩の詩 11月箏.jpg彩の詩 11月踊.jpg
posted by 彩の詩 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

10月5日の体験教室を終えて

今日は可愛らしい体験者が来てくれました。手が小さいため、楽器の体験は出来ず、日舞のみ体験しました。少し恥ずかしがりながらも、しっかりとお扇子を持ち、茂登珠先生をよく見て、真似しながら踊っていました。将来が楽しみです。彩の詩 10月2.jpg彩の詩 10月1.jpg
posted by 彩の詩 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

9月7日の体験教室を終えて 

今回も参加者は子供だけでしたが、お箏や太鼓の楽器を主に体験しました。それぞれの楽器に触れて、演奏することの難しさを実感したようです。最後に合奏してみました。まだまだお箏の旋律に合うような太鼓を打つことは出来なかったけれど、合奏の楽しさは味わえたかな.彩の詩 太鼓.JPG彩の詩 友哉.JPG
posted by 彩の詩 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ